メニュー

低用量ピル

低用量ピル服用メリット

生理痛の緩和;月経期間の短縮・月経量の減少(貧血の治療にも効果があります)・生理痛・月経不順・月経前のイライラを軽減(PMSの治療効果)などの生理にまつわる不快な症状の改善緩和にも使用されています。また、自身で生理日を調整することができます。

ニキビの改善;ホルモンのバランスが整います。ニキビ・多毛症に効果があります、特に男性ホルモンの産生と働きを抑制するため、『大人のニキビ』に効果があります。ホルモンのバランスを整えることでお肌の調子も改善されます。

安全な避妊方法;確実な避妊効果 99.8%以上のほぼ確実な避妊効果があります。女性主体で避妊することができます。

女性特有の病気・ガンの予防;子宮体ガン・卵巣ガン・大腸ガンの予防が報告されています。

乳房に対する効果;乳腺症の改善・乳腺の良性腫瘍の発生を抑制します。*最近の研究では乳がんの発生は増加しません!

子宮内膜症効果への治療子宮内膜症のもっとも副作用の少ない、安全な治療薬としての効果が期待できます。

やめたいときにやめられるやめたいときにやめて頂けます。服用を中止すれば排卵は再開いたします。

 当院の取り扱っている低用量ピルは、避妊を目的とした錠剤で、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンを含有しています。このホルモンが下垂体に作用することで、卵胞の成熟と排卵が抑えられます。また、子宮内膜を厚くせず受精卵を着床しにくくしたり、子宮頸管粘液の粘度を高めて精子が子宮内に進入するのを妨げる働きもあります。ホルモンの働きにより脳下垂体は「妊娠した」と感知します。実際には妊娠していないにもかかわらず「勘違い」している状態です。低用量ピルは、従来の中用量ピルの重篤な副作用を減らすため、避妊効果を保ちながらホルモン量を限りなく少なくしたものです。 正しく服用することで排卵が抑えられ、高い避妊効果が期待できます。また、低用量ピルを服用し始めた頃は、ホルモン状態の変化によって吐き気や胸の張りなどの副作用が生じる場合がありますが、これは体が慣れるまでの一時的なものです。服用を続けることで、症状は次第に消えていきます。

料金に関して

【1か月分】 マーベロン28錠1シート:3,000円(税抜)

【6か月定期配送】 マーベロン28錠1シート:2,500円(税抜)

初回のみ

  • 初診料:1,000円(税抜)
  • 診察料:1,000円
  • 配送料:700円(税抜)
  • 服薬指導料:500円

※ 飲み忘れ等ございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

低用量ピルの服用にあたり定期受診(1回程度)していただきたい検査

低用量ピルを安心して服用いただくために、下記の検査を年1回程度受けられることをお勧めします。

子宮頸がん検査;子宮頸がんはHPVというウイルスの感染によって起こります。低用量ピルの服用が子宮頸がんの原因となることはありません。

子宮頚がん検査;肝機能検査(血液検査)ピルに限らず薬剤を内服すると、肝臓に負担がかかることがあるため、検査が必要です。

Dダイマー(血栓ができやすい方の血液の検査)

現在、低用量ピルのコンテンツはありません。

HOME

最新の記事

ブログカレンダー

2021年7月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME